イーデンカイの彼女は?これまでの恋愛を振り返る

テラスハウスのハワイ編、アロハステートに出演していたイーデンカイ、こと鮎澤悠介さん。

ハワイ編の初期メンバーでした。

恋愛初心者で番組を盛り上げていた彼ですが、卒業後には彼女はできたのでしょうか?

これまでの恋愛を振り返りました。

 

sponsored link

イーデンカイのプロフィール

引用:https://mdpr.jp/photo/detail/2174024

 

名前:鮎澤悠介(あいざわゆうすけ)

生年月日:1998年9月24日(21歳)

出身:東京、八王子市生まれ

身長:165cm~170cm

 

イーデンカイさんはハワイ在住で、アーティストとして活動しています。

本名は鮎澤悠介で、イーデンカイはアーティストネームです。

 

 

イーデンカイさんのお父さんは、アメリカ、オレゴン州出身。日系アメリカ人なんだそうです。

お母さんは内モンゴル出身の中国人。

イーデンカイさんはハーフだったんですね。

中国の血も引いているということで、そこはローレン・サイさんと共通点がありますね。

 

sponsored link

イーデンカイのテラスハウス恋愛事情

イーデンカイ、こと悠介は18歳でテラスハウスに入居してきました。

いつも穏やかで優しい悠介は、スタジオメンバーからも人気でした。

次第にチェリーボーイだということがわかり、周囲も見守るモードに入っていました^^

 

 

同じくアーティストの要素を持つローレン・サイに魅力を感じた悠介は、色々と計画を練ってからローレンをデートに誘いました。

当日は映画館に行き、ディナーを食べる予定を組んでいたのですが、ローレンは映画を見た後で帰ってしまいました。

「金曜日はおばあちゃんとごはんを食べる約束があるから」と…

悠介は一人で予約していた店でご飯を食べることに。

このシーンはハワイ編の中でも印象に残るシーンでした。

 

こんな感じで、悠介はテラスハウスでは彼女を作ることがないまま、卒業しました。

 

sponsored link

イーデンカイの彼女は?

テラスハウスを卒業した後も、イベントの際にはちょくちょく顔を出していた悠介。

ハワイ編が放送されている期間は、まだ彼女ができていないようでした。

 

 

2019年の本人談によると、彼女ができたこともあったそうです。

 

「付き合っていたと自分では思っていたけど、2日でフラれちゃって…」

「(フラれた)大きかった理由が、遠距離が難しいっていう」

 

と語っていました。

 

2日はちょっと短いですね…

最初の恋愛が遠距離というのは彼にとっても彼女にとっても負担だったのでしょうか。

 

イーデンカイのこれからの恋愛

※※ここからはTokyo2019-2020のネタバレを含みますのでご注意ください**

 

悠介は、tokyo2019-2020編の9話に登場しました。

春花の友人、かおりさんが出演するライブに、悠介も出演していたのです。

そこで、悠介は春花とケニーと知り合いました。

 

引用:instagram

 

後日、悠介は東京のテラスハウスの家を訪ねます。

春花が悠介を出迎えました。

ライブのことなどを話し合う2人。

 

その中で、悠介は春花をデートに誘ったのです。

 

「良かったら遊びとか行ったりしませんか?」

 

春花は承諾したので、これから春花と悠介のデートの様子が本編で流れる可能性が高いです。

 

 

悠介が春花を誘ったのをみて、悠介のタイプがわかった気がしました。

正統派の美人が好きなんだろうな、と。

ローレンも春花も、芸能のお仕事をするレベルの綺麗な人なので…

 

 

ハワイ編では叶わなった悠介の恋。

意外な展開ですが、Tokyo編で何か進展があるかもしれません。

今後が楽しみです。

sponcered link
sponcered link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です