テラスハウスの香織の性格は?本音を言わない?失言まとめ

テラスハウス2019-2020の初期メンバーの一人である、香織さん。

イラストレーターとして活躍しています。

穏やかに見えた香織さんですが、テラスハウスでは様々な一面が明らかになりました。

本音を言わない、と春花に言われたこともありましたね…

また、失言とも言われる発言も。香織さんの性格について、総合的にまとめました。

 

sponsored link

テラスハウス香織の性格は?

 

香織さんは初期メンバーの一人ですが、他のメンバーである春花とりさこが相性が悪かったので、香織さんが仲介役、といった感じでした。

 

莉咲子と春花は言いたいことを隠さない、オープンな性格。

そんな2人に対して、香織は二人の話をちゃんと聞き、どちらの味方をする訳でもなく中立な立場で接している印象がありました。

 

りさこ曰く、春花は香織にばっかり話しかけていたようです。

春花は結構、自分の事ばかり話す性格なので、香織は疲れてしまったようでした。

 

翔平に

「だんだんこいつ、聞くだけでつまんねぇやつだな、と思われて捨てられていくのを待ってる」

 

と本音を話していました。

 

ずっと人の話ばかり聞くのも疲れていたのでしょう…

女子3人の中で一番年上という立場なりの苦労があったのだと思います。

 

また、言葉遣いが時として荒い、こともありました。

 

「こいつ」とか言ったり。

 

お嬢様でクラッシーな雰囲気の香織さんなので、ちょっと驚いてしまった人もいるようですが、

まぁこういう女子は結構いるかな?と思いますw

 

他にも翔平に「サークルの延長線上」と言ったり、辛辣なワードチョイスの時も多々あったので、

毒舌な一面があることがわかりました。

 

sponsored link

テラスハウス香織が本音で話さない?いい子ぶってると話題に!

ある日、香織・春花・新メンバー愛華(えみか)の女子3人がテラスハウス内のプールで遊ぶことになり、最初は楽しく話をしていたのですが・・・

 

ふいに春花から衝撃の発言が。

 

「香織ちゃんはすごく気を遣っているように見える。もっと弱い部分も見せてほしい。」

 

春花は香織に対して壁を感じていることを指摘しました。

心を開いてもらえていない気がして寂しくなったのでしょう。

 

それを聞いた香織は心を閉ざしているつもりはないんだけど・・・と前置きした上で、「テラスハウスの誰に悩みを相談すればよいのか、正直迷ってしまっていた。」ということを明かします。

 

また、人に嫌われることを恐れるあまり、自分の本音を言えないこともあるそうです。

そういった気持ちが周りのメンバーに壁を作っているように見えてしまったのかもしれませんね。

 

「これが私だから、性格を無理に変えようという気持ちはない」と伝えた香織でしたが、そんな風に思われていたことがショックだったようです。

プールの後、リビングでひっそりと涙を流していました。

 

 

そしてその一件を相談した翔平にも「いい子ぶってんなと思うことはある」と本音を言われてしまいます。

 

共同生活をするにあたって心を開くことはもちろん重要ですが、言葉に慎重になる気持ちも分かります。

 

真面目な香織の性格に共感する人も多かったのではないでしょうか??

 

sponsored link

香織が失言で炎上!?驚くべきその内容とは?

 

1、流佳の夢に対する発言

 

「スパイダーマンになりたい」と漠然とした夢を語る流佳に対して

きちんと目標に向き合っていないのではないか?と感じていた香織は

 

「(夢に対して)ちゃんと気持ちはあるのか?って思っちゃう。俳優としてマーヴェルに出たいなら、次にやるべきことは分かるじゃん。

英語を勉強するとか、海外でアクティングスクール行きながら勉強するとか・・」

 

と、イラストレーターになるため努力をしてきた香織は流佳に厳しく助言します。

 

しかし流佳はそこまで具体的に考えていなかったようで、頭を抱えて今にも泣き出しそうな表情に。

 

また、テラスでメンバーとバーベキュー中には流佳のいない場面で

「流佳は子供にしかみえない。」「人生を甘く見てると思う」などど辛辣なコメントをしていました。

 

これらの香織の発言にSNS上では

 

「流佳はまだ若いから夢に悩むのは当然だと思う」

「ちょっと責め過ぎでは?」

 

などの声が飛び交いました。

 

しかし香織は意地悪で言っているのではなく、自分も夢に向かって頑張ってきた経験から、真剣にアドバイスしているのだと思います。

ルームメイトとして出来ることをしてあげたいという香織の優しさ、なのかもしれません。

 

2、ケニーに対する発言

これは香織がイラストの仕事にについての悩みをケニーに相談しているときの言葉なのですが、

 

「苦しいときは応援してくれるファンのために頑張ろうって思うようにしている。香織もそうしてみたら?」

 

と、ケニーは自身の経験を踏まえて香織にアドバイスしました。

 

しかし香織の考えはケニーと根本的に違っていたようで

 

「私はファンのために何かするのはかっこ悪いと思ってる」

 

とズバリ。

 

ファンの声を聞いて創作活動をするアーティストもいれば、世間の声を気にして作った作品はオリジナリティに欠けると考えるアーティストもいるので、

 

二人の考え方に違いがあるのは仕方ないのですが、面と向かって否定されたケニーはさぞ驚いたでしょう。

 

これらの件などで、「香織はプライドが高いのでは?」と感じる視聴者も多くなりました。

 

まとめ

tokyo2019-2020の最初からすんでいた香織さん。

気が強い年下女子の中で、苦労していたように見えました。

一方で、夢追い人が多く集まるテラスハウスで、バンドマンのケニーや、色々やりたいという翔平に苦言を呈したこともありました。

最初は穏やかで優しい大人の女性かと思いましたが、話が進むについれて、毒舌な面なども見えてきて、香織さんにも人間くさいところがあるんだ、と気づいた視聴者も多かったと思います。

 

そのギャップが批判的に捉えられることもありましたが、人間にはいろんな面があるということを改めて感じさせられました。

 

イラストレーターとしては、大幅に知名度アップしたと思うので、これからの香織さんの活躍が楽しみです。

テラスハウスの過去の動画が見たい!

湘南編、東京編、ハワイ編、軽井沢編を始めから見たい!

という方へ。

過去のテラスハウスを見る方法があります。

↓↓↓

詳しくはこちらをクリック!

sponcered link
sponcered link