テラスハウス軽井沢29話のネタバレあらすじ。翔平が聖南に告白!

テラスハウス軽井沢29話のネタバレあらすじを書いています。

翔平が遂に聖南に告白!

29話のタイトルは、「Confessing Love at the Chapel」。

 

sponsored link

テラスハウス軽井沢28話の復習

  • あやと貴之がデートに行く。
  • ノアが聖南への想いを翔平に告白。
  • ノアがゆいを拒絶。

 

sponsored link

テラスハウス軽井沢29話のポイント

  • ゆいの愚痴が止まらない。
  • 翔平の告白やいかに!?
  • 翔平と貴之の友情…

 

sponsored link

テラスハウス軽井沢29話のネタバレあらすじ

 

階段

ゆいが誰かを待っている。

お風呂上がりの翔平がやってくる。

 

ゆい「待ってた、話せる?」

翔平「OK」

リビングに移動する2人。

 

ゆいと翔平@リビング

ゆいが思いの丈を話し始める。

ゆい「翔平さんの声のトーンは泣きそうになるじゃーん。泣かないけど。」

うんうんと話を聞く翔平。

 

ゆい「ノア君、音楽流してるけど、私はご飯を普通に食べてた。動画一緒に見ようよと見せてきたのね。

それさ、私に誘われたことについて、考えてたんだったら、パソコンの前に誘うべきじゃなかったんじゃないの?

ずっと考えてたんだけど」

 

 

ゆい「こっちだって気になってるんだからさ、知らないからついていってしまった、尻尾フリフリって」

ゆい「お母さんにはすぐ連絡したけどね。」

翔平「ミートソースもうあげないって?」

ゆい「そしたら、次のメンバーを待ちましょう。って言われた」

 

 

ノアがゆいに「もう誘わない」と断りを入れた日の午前中に、

ノアがゆいにパソコンの動画を一緒に見るように促したらしい。

ゆい曰く、「強制的に」

強制的に動画を見せるって???

 

ゆいとノア@ダイニング

ノアが入ってくる。

ゆい「今日何すんの?」

ノア「バスケしようかなと思って」

ゆい「アルバイト行かなくて大丈夫なの?」

ノア「もう言った」

 

ゆい「結構休んでない?たかさんの紹介だからこそ、気になっちゃって。若どりで働けてるのもタカさんのおかげだから。

私だったら近い人に紹介してもらってるんだから、数時間だけでもお手伝いしに行きます、ってなれればいいかなって思うかな。」

 

ノア「うん、そやんな。14時までやから。電話して、今から行っていいんだったら行くし」

 

ゆい「今回は体調悪かったからだけどさ、前回は昼間は家にいて、前日遅くまで飲んでて、って感じだったから。

早く寝て、とか何らかの対策をしたほうがいいと思うよ。」

ノア「わかった」

ゆい「大丈夫?言い方」

ノア「うん、大丈夫」

 

ゆいと翔平@プレイルーム

ゆい「翔平さん」

翔平「請求書、書いてた」

ゆい「さっきノア君を説教してた。でも話そうかなってのはそこじゃなくて。」

ゆいがまた話し始める…

 

ゆい「インドカレー行く前ね?

病院から帰ってきて。私ここで寝てました、昨日の今日でだよ?ゆいちゃんも一緒に行く?って言われて。

2人で行くのはちょっとって言われたのに。

友達として仲良くなるために2人で行くならわかるけど。

私が誘った日に断って。それで次の日にご飯食べにいくって、結構ひどくないの?って」

翔平「何を考えてんだろうな~」

 

ゆい「そういう部分が見えてさ~なんなの?って思っちゃった、ちょっと」

不満げなゆい。

 

翔平「いい表情するな~」

翔平「だからノアが無神経に誘ったのかもしれないね。」

ゆい「だからこそ、バターチキンカレーから帰ってきて、バスケ行くっていったんだと思うし。」

 

ゆい「そこらへんがさ、言い方悪いけど、お坊ちゃまっていうか。」

翔平「ノアの中途半端な問題に関しては、一回いうべきなのかもな~まぁ、今晩でも」

ゆい「まぁそういうことですね」

ゆい「大事な日なのにごめんね、こんな話して~」

 

翔平@花屋さん

翔平「今日ですね、女性に告白しようと思ってて。」

店員「あ、そうなんですか」

翔平「ピンクのバラをあるだけ包むとしたら、どのくらいになりますか」

 

ピンクの花束を作ってもらう。

翔平「頑張ってきます。」

店員「また報告してください」

 

旧軽井沢礼拝堂

翔平がせいなをイメージして作った曲、ジャングルラブが流れる。

両手で扉をうけるせいな。

翔平「ひとまずプレゼントです」

せいな「ありがとう」

 

花束を渡す翔平。

 

 

翔平「酔っ払ってるときに好きとか言ってたけど、改めてちゃんとシラフで伝えたいと思って。まずは来てくれてありがとう」

せいな「ありがとう」

翔平「テラスハウスに一緒に入ってきて、色んなせいなと出会ったというか。

酔っぱらってるせいなもそうだし。素面で優しいせいなもそうだし。本当にいろんなせいなを見てきて。

俺は全部のせいなに惹かれてて。気づいたら好きになってたわけで。

卒業しても隣にいてほしいと思ったのは、島袋聖南、あなただけだったから。

良かったら、僕と付き合ってほしい。よろしくお願いします。」

手を差し出す翔平。

 

何ともいえない表情のせいな。

せいな「ごめん、翔平ちゃん」

打ちひしがれた表情の翔平。

せいな「そう、よく考えたのね、翔平ちゃんのこと。考えて考えたんだけど。

翔平ちゃんとは友達でいたい。」

せいな「友達でいたい」

間があくが、翔平が笑いだす。

せいな「こんなとっても素敵なことをしてもらったけど。」

翔平「めちゃめちゃ考えてくれたこと自体が嬉しいし。まぁちゃんと、男磨くわ」

せいな「ごめんね」

翔平「ううん。まぁでも本当に好きだった。じゃあこれからもテラスハウスの仲間として」

せいな「でも結構ドキドキした、翔平ちゃんには。キスされたし」

翔平「でもありがとう、来てくれただけで。オッケー、帰る?車で来たけん、持って帰ろう」

 

スタジオ

ダメだったか

やまちゃん「なんなんですか?友達でいたいって」

YOU「友達でいたいけど、ごめん、彼氏じゃねぇな。」

徳井「色気を感じなかったんちゃう。興奮しなかったんちゃう?」

 

ダイニング

ゆい、ノア、貴之、あやがいる。

せいな「ただいまー」

翔平「ウィッスウィッス」

 

翔平「暑いし、着替えてこようかな」

貴之「ちょっと翔平に話聞いてこようかな気になるから」

ノアと貴之が男子部屋に向かう。

 

男子部屋

眉間に手を当てる翔平。

貴之「おいーっす。」

翔平「ごめんごめん、飯中だったのに。結果的に、散ったんだけど。」

貴之「そっかぁ」

翔平「お友達でいいよ。理由はたくさんあるだろうけど、あっちも。

でもせいなさんとはこれからも友達として、大事な人には変わりないから」

貴之「このご時世、ちゃんと面と向かってそうやって花も用意して。場所を用意して告白する人っていないからね、九州の男って感じ」

翔平「ノアも頑張ってね」

ノア「うん」

貴之「とりあえず今日は飲もう。」

 

女子部屋

せいな「よく考えたんだけどね、彼氏だったらって。でもなんかフィットしなかった。

しっくりこなかった。イメージが付きにくかった。考えたけど。」

 

せいな「お花かざろっかな」

あや「お部屋が明るくなる」

せいな「ね?そうしよっと」

泣きだすゆい。

 

あや「どうしたの?ゆいちゃん」

ゆい「翔平さんは、優しいからね。もしかしたらいけるかもしれない、って聞いてたから、いざだめだったっていざきくと」

あや「知ってるからこそね?」

ゆい「うん。翔平さんの気持ちを考えたら、だめだったか~と思って。悲しくなってしまった」

 

テラスハウス庭

庭で作曲中の翔平。

 

リビング

翔平がマックを食べている。

あや「私お昼マック食べた。」

翔平「マックおいしいっすよ」

あや「25日、たかさん誕生日じゃないですか?だからまぁ、いつやるんだろうな、ってのも決めないといけなんだけど。

パンツって自分で買うと高いじゃないですか?だからパンツいいかなと思って」

翔平「パンツいいじゃん?ジェラードどうだった?」

 

あや「ゆいちゃんには、目を合わすのに綾には目を合わせてくれなくて。

逆に思ったのは、本当に興味がないから、思わせぶりにしないようにそうやってやってるのかもしれないし。

むしろ今、興味ないんだな、たかさん、あやに。

スケボー連れてってください、といっても、全然いいよ、でもやったことあんの?

でも嫌とは言わないから、絶対に。」

 

翔平「きいてみよっか?」

あや「聞いてほしい~」

 

男子部屋

貴之「ただいま~ジム言ってた」

翔平「あやが、たかさんがゆいちゃんとは、目を合わすけど、私とは合わせてくれないって」

貴之「そんなこと思ってないよ、徐々にだと思うけどね」

翔平「女性として見てないってことでしょ?」

貴之「いやそんなこともないけど。

なんかさ、初めてあった時、かっこいいっていってくれたし。

だから意識してないわけではないよね、俺もね」

翔平「誘ってあげたら、安心するんじゃないかな?変なこと意味やなくて。

めっちゃ嬉しくない?だって20歳ですよ」

貴之「風呂入ろうかな~」

翔平「入る?一緒入ろうかな」

 

 

中村ブラザーズのなからDEいかざ。

貴之と兄が放送しているラジオ。

貴之「初のゲストをご紹介します」

兄「上村翔平です」

貴之「オープニング曲を作ってくれて」

オープニング曲が流れる。

 

リビング

貴之のプレゼントについて話し合う。

あや「ちゃんとプレゼント買ってきた」

ゆい「私お酒がいいかな?って」

せいな「ビールタワー作ろうよ」

あや「それ、あれじゃん?皆でやるやつでしょ。え?あやだけプレゼントってやばくない?恥ずかしくない?」

あや「最近急に(貴之が)優しいんですよ」

 

合計3日間会えないといったら、急に真顔で「さみしい?」と言われたらしい。

あや「『普通にさみしい』って言ったら、『俺もさみしいよ』って。」

 

スタジオ

寮長がめっちゃ意識してるよ

寮長が受け止めるあれがあればいいけど。

徳井「感情がビクンビクンってなってるから。」

 

翔平と貴之@居酒屋キッチンパパ

翔平「お疲れさま」

貴之「ありがとうね」

翔平「仲良い兄弟ですね」

貴之「そうねえんもう友達なんだよね。」

翔平「お兄ちゃん欲しかったんですけど、貴くんが、お兄ちゃん的存在だから」

貴之「お兄ちゃん的存在であるかい?俺は。マジで?」

翔平「ちゃんと言ってくれるし、周りの人に対しても。

本当にこの人いいな、お兄ちゃんみたいだなと。」

貴之「俺はもう一生付き合っていくつもりだから。」

翔平「もちろん、俺もっす。」

翔平「来週卒業するんですよ」

貴之「うそだよぉ~」

翔平「貴くんだけに、伝えたくて」

泣きそうな貴之。

泣く。

貴之「さみしい~」

翔平「本当にいい曲を作って、いいアルバムを出すっていう目標で入ったわけじゃないですか」

貴之「年上だけど、強い人間じゃなくて。

翔平も一緒に向き合ってくれてすげえ助けられたのもあったし。テラスハウスからいなくなると思うとちょっと。」

翔平「出ても、頑張ってんな~ってもっと活躍してる姿を見せたいし。マジ出会えて良かったっす。」

泣く翔平。

 

所感

当初と比べて、ゆいが完全にキャラ変わってることに気づきましたか(笑)?

自分のことを話すときに、めちゃめちゃしゃべるので、文字数が増え大変です。

 

 

ノアは確かにちゃんとしてないのはわかります。

バイトさぼって、バスケしに行くようでしたし…

ゆいは正論なのですが、本人に言った後も翔平さんにまた愚痴ったりしていて。

 

 

「強制的に動画見せる」ってどういう状況なんでしょうか?

まゆの時もそうでしたが、ゆいは話を自分に都合がいいように盛っているようにも思えます。

話半分に聞いておきましょうか。

 

翔平が卒業ということで、

来週新たなメンバーが登場!

どんなメンバーが来て、どんな雰囲気になるのかが楽しみですね。

テラスハウスの過去の動画が見たい!

湘南編、東京編、ハワイ編、軽井沢編を始めから見たい!

という方へ。

過去のテラスハウスを見る方法があります。

↓↓↓

詳しくはこちらをクリック!

sponcered link
sponcered link